〒270-0174 千葉県流山市下花輪409(地図

     
メッセージ

メッセージ

学校見学お申し込みはこちら

在校生メッセージ

  • 1年生

    林 莉愛

    入学して3か月、初めは何もわからず不安でいっぱいでした。入学して間もなくの交流 研修で、地域の方のお話を聞きました。事実をありのままに捉えることの難しさを学ぶとともに、お話を聞かせていただいたFさんからあまり関心のなかった政治についてもわかりやすく話していただき、社会に眼を向けることの大切さを学びました。また、観察計測の授業で運動負荷実験を行い、身体の

    仕組みを学び、グループワークで情報をみんなで共有し学びを深めることができました。これから、知識や技術をたくさん学び、大変なこともクラスの仲間と共に励まし合いながら成長していきたいです。

  • 2年生

    重野 樹穂

    2年次には生命活動があり、私は循環器について詳しく調べ学んだ。グループメンバーみんなで1つのレポートを作るのは大変だった。循環に関わる内容を1つ1つ調べ、それをグループ内で共有し、自分がわからなかった言葉を話し合いレポートを完成させていった。また、どういうレポートの形にすればみんなに分かりやすく伝わるのかグループで工夫した。

    自分1人だと考えつかなかった事も、みんなで共有し合いより良いレポートが出来るのだと学ぶ楽しさを知りました。それは実習時も同じで、患者さんの接し方に悩んだ時や何か実践する時に、グループメンバーの意見を聞く事で患者さんの願いに合った看護応援が出来るのだと学びました。

  • 3年生

    塚田 ともみ

    労働・生活・食・平和について学びました。労働では相談会に参加して路上生活の方々の実態を目の当たりにし衝撃を受けました。「糖尿病なんだよ、ちょっと前から足が浮腫んできた」と仰る方は、体調が悪いことを自覚していても医療にかかれない現状があることを知りました。私たちが健康に暮らすことを保障されているはずなのに、守られていないことに憤りを感じました。

    それをしっかり私たちのものにできるような教育と自らの知ろうとする意志が必要なんだと改めて学びました。この学校で学ばなければ、知ることはできませんでした。