〒270-0174 千葉県流山市下花輪409(地図

     
メッセージ

メッセージ

WEBで学校紹介ページはこちら

在校生メッセージ

  • 1年生

    柴﨑 比奈果

    患者の”伴奏者”になれる看護師になりたい

    祖父母の介護をする機会があり、看護に興味をもちました。中学の頃に行った看護師体験で、看護師になりたいと思いました。いくつか病院見学に行きましたが、通学圏であったのと、患者さんを平等に扱う教育方針に惹かれ東葛看護専門学校に入学しました。

    東葛看護専門学校は学校見学だけでなく、実際に先輩方が授業をうけているところも見学できました。

    コロナの影響もあってしばらくオンライン授業でしたが6月から通学で対面授業を受けています。いざ授業が始まると課題も多く、大変だと感じることもありますが、先生が親身になって話を聞いてくれるので毎日過ごせています。もともと小説を読んだりすることも好きでしたが、最近はYoutubeでバイクの動画をみたりするのも楽しいので興味があります。

    学校選びに迷ったら、学校生活を楽しく送れそうかで選ぶのも良いと思います。東葛看護専門学校は、学生の反応をみながら、先生が授業をしっかり教えてくれますし、親身になってくれます。また学生が主体と考えている校風もあり学校運営に参加できます。

    看護総論の授業をうけて、自分は患者さんに寄り添いながらも、”伴奏者”として活躍できる看護師になりたいと思っています。

  • 1年生

    桝田 悠衣

    患者さんの身になって考えられる看護師になりたい

    母が看護師をしていたので幼い頃から看護に興味がありましたが、実際に病院で看護体験をして、看護師にやりがいを感じられると思い決めました。いろんな学校のオープンキャンパスに参加しましたが、先輩たちが主体的に学んでいる姿に惹かれ、東葛看護専門学校を選びました。

    6月から対面授業が始まり、少しずつ友達も増えてきて学校生活にも慣れてきました。もともと体を動かすことが好きで、最近はサーフィンに興味があります。もうすこし慣れてきたら、挑戦したいと思っています。

    学校選びに迷ったら、病院見学はもちろんですが、授業の雰囲気や通っている先輩たちが楽しそうかなども参考にすると良いと思います。東葛看護専門学校は、校則が厳しすぎず、学生がのびのび学んでいける環境が整っていると思います。

    看護総論の授業を受けて、人の価値観はそれぞれ異なることを再確認しました。実際に働く時には、患者さん1人1人の考えや価値観を大切に、親身になって寄り添える看護師になりたいと思っています。

  • 2年生

    飯塚 充

    患者さんを笑顔に、安心感が与えられる看護師になりたい

    私は、もともと農学部出身で農業系の会社に勤めていました。ある転機により福祉業界に携わる機会があり、いろいろな人と出会いの中で「看護師になってみたら?年齢的にも目指せるのでは?」という話があり、看護師を目指そうと決めました。

    看護学校を選ぶ時にはインターネットや雑誌だけではなく、それまで福祉の仕事でつながりがあった人から情報収集をしました。その中で東葛看護専門学校は「学費が安いこと・カラーが強いけれどまっすぐ患者さんに向き合う教育方針だ」という話を聞きました。オープンキャンパスに参加してみて、実際にの温かみのあるカラーを体感し入学を決めました。

    高校・大学と農業系の学科だったため実習が多く、基礎の科目はあまり学んできませんでした。ここでは基礎にしっかりと時間を取ってカリキュラムが組まれており、2年生になって応用の勉強をする際にすごく助かったと感じています。

    今年は、コロナの影響で学校のスケジュールが大幅に変更になったことにより3年間で卒業できなかったらどうしよう…と悩む時がありました。でも、学校側がカリキュラムを工夫してくれたことや、いろいろなグループワークで現役生とも仲良くなるきっかけが多かったので、この仲間となら「頑張れる」と思いました。また、グループ病院で実習ができるので、卒業生の社会人学生だった先輩方を見て自分も「あの姿に近づきたい!」と励みになっています。

    農業に携わっていた時は、おいしい野菜を食べてもらえることがうれしいと思っていました。福祉の仕事に関わってからは、自分の対応に対して笑顔で返してもらえることがうれしかったです。看護師としても、医療を通じて患者さんを笑顔にできるように目指したいと思っています。具合が悪くても「飯塚さんがいれば!」という安心感を与えられる存在になりたいです。

  • 2年生

    千葉 悠奈

    突然の出来事が起こった時にも的確な判断ができる看護師になりたい

    学校に入学するまでは、保育園の事務をしていました。15年間一緒に暮らしていた祖母の認知症の症状による変化を疑問に感じていたことが、亡くなったのをきっかけに看護師になりたいという思いに変わりました。

    学校選びの時は3校ほどオープンキャンパスに参加しました。その時に学校の雰囲気・先生と学生の関係が温かく感じたここなら頑張れると思いました。また、社会人推薦の枠があった為、今すぐ受験ができると思い入学試験を受けることを決めました。

    入学前は、社会人が人数少なく現役生と馴染めるかどうか心配でしたが、現役生が分け隔てなく接してくれたため心配する気持ちは軽くなっていました。初めての実習でうまくいかなく壁にぶつかることもありましたが、先生や友達に相談しながら乗り越えられました。

    今年はコロナの影響で、学校が約2か月間休校になり、アルバイトもできなかったため経済的にも精神的にも不安な気持ちになりました。ですが、先生方が細かくカリキュラムを修正してくれているので、なんとか残りの時間乗り切れそうという思いに変わっています。

    社会人学生だから、こうしないといけないという思いで動くのではなく、一学生として患者さんを助けようという思いを大切にして、これから頑張っていこうと思っています。また、将来的には突然の出来事が起こった時にも的確な判断ができる看護師を目指しています。

いつでも気軽にお問い合わせください。質問や相談、不安に感じていることどのような内容でもOKです。LINE友だち登録はこちら