ナーシングセレモニー

ナーシングセレモニー

毎年11月にナーシングセレモニー(キャッピングセレモニー)を行います。ナーシングセレモニーは1年生が入学から実習までの7ヵ月間の学びの成果を踏まえて、クラスメンバー全員で看護師への決意を確認する場です。
今年の1年生からは「健康とは『どんな障害があっても、発達し回復し続けること』だと学びました。患者さんがどんな思いでどんな願いを持っているかを知り、その願いをもとに、患者さんの立場に立つ看護をしていきます。」と実習等で応援していただいている病棟関係者や地域のみなさん、先輩方の前で決意表明をしました。